、ひきこもりの相談でクリニックを訪れる方は多いです。子どものケースでは発達の問題を無視することができません。発達の障害が重いものが必ずしも適応の障害が大きいとはいえないところがあります。

現代の子どもたち(青年を含む)は「思い描いている自分」か、その対極にある「取り柄のない自分」と自分に分極し、本物の自分である「等身大の自分」が消失しています。「思い描いている自分」が機能しているうちは何とか過ごすことができても、現実の思い通りにならない事態に直面すると、一挙に 「取り柄のない自分」に転落します。そのときの反応はキレると表現される怒り、ひきこもり、抑うつ状態であり、「自己愛の三徴」と呼ばれています。

Q8.これからの日本におけるメンタルヘルスケアは?

まずはメンタルヘルスケアとは何か、と意識を持ってもらう事が重要かと思います。まだまだ現代の日本ではこのような意識を持っている人が少ないように感じます。まずはこのストレスチェック制度が施行されることをきっかけに、職場を挙げて多くの方がメンタルヘルスケアに対して意識・認識を持ってもらいたいと思います。


――――――本日はありがとうございました。

お話を伺った先生:医療法人秀明会 杉浦こころのクリニック 杉浦 正義 (すぎうら まさよし)先生

  • 医療法人秀明会 杉浦こころのクリニック
  • 大阪府豊中市新千里東町1-5-2セルシービル3F
  • 千里中央駅直結
  • 06-6835-3333

    大注目!カーターズ Carters Muriel-C (Toddler/Little Kid) キッズ 幼児 靴 スニーカー シューズ 七歳用 ピンク AB12075_送料無料

  • 院内処方
  • メンタルヘルス

>> 杉浦こころのクリニック(大阪府豊中市)DDまっぷホームページ

>> 杉浦こころのクリニック(大阪府豊中市)公式ホームページ

杉浦こころのクリニックDDブログ